金融機関向け業界誌『近代セールス』寄稿 – 「創業者と金融機関」 寄稿

 

代表理事・東川仁が、『近代セールス』2018年7月1日号に寄稿しました。

 

『近代セールス』は金融機関の職員に向けた、日々の業務のヒントを満載した業界誌。本号の特集「創業支援」にちなみ、代表理事・東川が寄稿しました。題して、「創業者を発掘するポイント

 

創業者は融資を申し込むため金融機関と懇意になりたいと思っていますし、金融機関も創業者と出会いたいと願っています。両者が出会える接点について、東川は今までの経験を活かして丁寧に書きました。

 

たとえば、両者の接点のひとつが「創業塾・創業スクール」。商工会議所や商工会が実施している勉強会です。ここで創業者に手厚いことをアピールした金融機関があれば、参加者がいざ創業するときに「あ、あの金融機関なら…」と思い出しやすいものです。

 

 

 

※東川は創業塾の講師経験が豊富で、とくに大阪府の茨城商工会議所で行われる創業塾は、もう10年以上も担当しています。

 

 

 

このように融資を求める創業者、創業者に融資を実施したい金融機関、両者の接点について細かく書いていますので、あなたのお近くに、もし創業を考えている人がいれば、ぜひ手にとってみてください。金融機関との出会い方、つきあい方がわかります。

 

創業者支援に限らず、本号にはAI融資についての興味深い記事も掲載。信用金庫、信用組合など金融機関が考えていることを先に知っておけば、今後の関係づくりにも役立ちます。経営者として学んでおきたい情報が多い『近代セールス』は、Amazonでも手に入りますし、Kindle版も発行されています。

 

また、金融機関との良好な関係づくり、さらに資金繰りや融資についてお困りのことがありましたら、いちど当協会の融資コンサルタントに相談してみませんか。

 

当協会の会員は、金融機関との上手なつきあい方や融資の仕組みなどを、金融機関経験も企業経営体験も豊富な代表理事・東川から直接学んだ、士業やコンサルタントたちです。全員が経営者の味方になって、金融機関との関係づくりをサポートします。

 

どうぞこのページから、お近くの融資コンサルタントを検索し、気軽にご連絡ください。多くの会員が、初回相談は無料としています。