融資コンサルタント実践研究会(大阪)実施 – コロナショック後の融資サポート 研修

 

2020年7月10日(金)、「コロナショック後の【融資に強いFP・士業になる方法セミナー】」というテーマで、会員向けのZoom勉強会を開催しました。

 

経営者のみなさん、コロナ禍の融資や資金繰りをいちばんに相談したのは、顧問の税理士やコンサルタントだったでしょう。

 

中小企業からの相談を受けた税理士やコンサルタント、また経営者自身からも、当協会の運営母体であるネクストフェイズに融資サポートの問い合わせや相談が数多く寄せられました。

 

 

・「新型コロナ対応の融資申込み方法は?」

 

・「必要な書類は?」

 

・「創業したばかりで、確定申告したことがない企業の申し込み方法は?」

 

 

多くの現場の声に触れ、「これから経営者が士業やコンサルタントに求めるものは変わるだろう」と代表理事・東川は実感。そこで会員が過去に受講した「融資に強いFP・士業になる方法セミナー」を、時流の変化に応じてリニューアルし、配信することにしました。

 

新型コロナウイルスの影響は、まだまだ長引きそうです。そんな今こそ、中小企業の状況に沿った的確なアドバイスやサポートができる士業やコンサルタントでありたいと、今回も多くの会員が受講。

 

最新の融資情報や事例などに熱心に耳を傾けるだけではなく、自分が担当した事例についての質問も数多く出て、顧問先の資金繰りを真剣にサポートする会員たちの姿勢がよく見える勉強会でした。

 


 

あなたの顧問税理士や顧問コンサルタントは、このコロナ禍で適切なアドバイスをしてくれたでしょうか。もしYESなら、本当にそれが何よりです。厳しいときに寄り添ってくれた士業・コンサルタントとは、これからも信頼関係が続いていくでしょう。

 

しかし一方、「コロナ融資の情報が乏しく頼りなかった」「相談してもレスポンスが遅かった」「親身になってくれなかった」などで、契約の見直しを検討する経営者もいるかもしれません。

 

新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、中小企業を取り巻く環境は一変。それに伴い、中小企業から士業やコンサルタントに対する要望も変化するのは当然です。

 

 

最新の融資に詳しい専門家を探している

 

●新型コロナ融資で借りたキャッシュが厳しくなってきた

 

影響が長引いているので、半年後の資金繰りが心配…

 

 

…そんな要望や不安をお持ちでしたら、ぜひこちらのページからお近くの融資コンサルタントを検索し、お近くの融資コンサルタントにご連絡ください。

 

勉強熱心最新の融資情報に通じ、中小企業の役に立ちたい志を持つ会員が全国に多数います。