融資コンサルタント実践研究会(東京)実施 – 中小企業施策利用ガイドブック解説 研修

 

2019年7月16日(火)、東京会場にて「2019年度版中小企業向け施策利用ガイドブック解説」と題して、代表理事の東川より当協会の会員へ説明および実践研修を行いました。

 

 

中小企業施策利用ガイドブック」とは中小企業庁が毎年4月に発行する、経営改善・資金繰り支援対策・震災対策などの支援施策についての手引き書です。送料のみ負担で請求することができます。

 

【中小企業庁 広報冊子紹介サイト 2019年度版中小企業施策利用ガイドブック】

 

 

また、中小企業庁のホームページから、全文をPDFで確認することもできます。

 

2019年度版中小企業施策利用ガイドブック 全文

 

 

本書は中小企業に対する政府からの支援制度を紹介した手引き書ですが、わざわざ請求して実物を手にする中小企業経営者本人はあまり多くはないでしょう。

 

また、実物を請求せずWebでチェックしたとしても、上記の2019年度版は全部で356ページ! すべてを読み込んで、自社にぴったりの支援施策を選ぶだけでも大変な労力です。

 

そこで当協会の会員である、中小企業をサポートする税理士や社会保険労務士、またその他の士業やファイナンシャルプランナーに対し、実物を手にとって内容を吟味して、実際の自分の顧客企業にぴったりの施策を選ぶ…という研修を行いました。

 

●建設業者向けの補助金

 

●海外展開されている企業向けの融資の受け方

 

●事業承継・M&Aに関する補助金や支援

 

などが話題にのぼり、さらに専門家どうしならではの正しい知識や、詳しく掘り下げた情報が共有されました。

 

自分ひとりでは見つけられなくても、周りの会員からの発表で「あ、これは自分のお客さまも利用できる」と気づいたケースも多数。これも、大勢が集まって話し合う研究会ならではのメリットです

 

このように当協会の会員たちは日頃から自分のお客さまのために、政府からの施策・利用しやすい制度を学び、中小企業の経営サポートや働きやすい環境づくりへの貢献を心がけています。

 

 

中小企業に対する政府からの施策、自社は何が利用できるんだろう」

 

「全部で356ページもあるのなら、自社にも利用できる施策があるのでは」

 

「税制措置(財務サポート)があるのなら、ぜひ利用してみたい」

 

「人手不足で採用難の今こそ、雇用人材支援についてもっと知りたい」

 

事業承継に関する補助金があれば、スムーズに話を進めやすい」

 

といったご相談がありましたら、ぜひこちらのページからお近くの融資コンサルタントを検索し、気軽に連絡をお取りください。