防府商工会議所で「経営計画」について講師を担当 講師

img_20161114_resize img_0992_resize

2016年11月14日(月)、防府商工会議所主催の「経営計画・事業計画策定セミナー」にて、当協会の代表理事・東川が講師を担当しました。

 

タイトルは『経営計画の作成で会社を強くする方法』。経営計画は企業の成長に不可欠であり、また2016年11月4日に公募発表された「小規模事業者持続化補助金」を獲得するためにもかならず必要なものです。

 

今回は実際に東川が補助金に採択されたときの経験を交え、参加者が補助金を受けたり、また自社の成長を期すための、きちんと内容のある(←これが大事です!絵に描いた餅じゃないのです)経営計画の作り方についてたっぷり3時間語りました。

 

もちろん融資を得るときにも、経営計画書や事業計画書はかならず金融機関から提出を要請されます。そんな大切な書類なのに、やっかいなことに、経営計画書はひとりではなかなか作成しにくいもの。しかし「理解ある相談相手」という第三者の視点があれば、スムーズに、そして、実行可能性の高い計画書が作れます。

 

上記の東川と同じように、「成長を見込める」かつ「実行できる」経営計画書・事業計画書の作り方を知っているのが、当協会所属の融資コンサルタント。融資のことだけでなく、経営計画書・事業計画書についても、どうぞお気軽にお近くの融資コンサルタントにご相談ください。彼らは経営計画書をジャッジして補助金を採択するかどうか決める側でもなく、もちろん融資を決める金融機関側でもなく、100パーセントあなたの企業の味方です。